ホーム » Uncategorized » Face to Faceの証券会社

Face to Faceの証券会社

KOYO証券が目指すブローカーとは

KOYO証券は、商品と金融市場を山に例えています。
山登りをする人にとっては、山はロマンということになるのですが、そのロマンは登山という危険の向こう側にあると考えているようです。
商品と金融市場も、リスクはありますが、そのリスクを超えた向こう側に利益があるので、山と同じということになるということのようです。
大きな利益を得るには、それなりのリスクがついてくるというのは仕方のないことです。
それがハイリスク・ハイリターンということになるのですが、そのリスクを軽減させるのがKOYO証券の目指すインテグラル・ブローカーということになります。
インテグラル・ブローカーについてですが、インテグラルというのは日本語でいうところの不可欠や完全を意味しています。
その語源というのは、ラテン語のIntegritasで完全な誠実を意味するそうです。
ですから、完全で誠実なブローカーということになるのです。
エベレスト等の登山の場合、ガイドが同伴しますが、そのガイド役を目指しているということになります。
名ガイドがいれば、登山の成功率もあがりますよね。

KOYO証券の扱う様々な商品

証券や金はもちろんですが、先物やFX、債券や保険といったものも扱っています。
KOYO証券は、それらの売買に関して、インテグラル・ブローカーとして取引をサポートしているようです。
証券には様々なものがあるのですが、KOYO証券が扱っているものとしては、株式・投資信託・外国債券・先物オプションとなります。
株式のメリットとしては、売買による差額の利益だけではありません。
株式に関しては、その企業の業績によっては、配当が出ることもあります。
また、株主優待といったものもあり、その企業の製品が安く購入できるなど、いろいろなメリットがあるのです。
保険に関しては、個人向けの各種保険を扱っているわけではありません。
エヌエヌ生命と提携することによって、法人向けの保険を取り扱っているようです。

信頼が売りのKOYO証券

KOYO証券の理念が、「話せる・頼れる証券会社でありたい」ということですから、投資家のニーズに対して、しっかりとした商品やサービスを提供することが目標になります。
つまり、相手としっかり向き合う。
Face to Faceを中心に考えている証券会社であるということなのです。
創業は1963年ですから、50年以上の経験と実績を基にして、サービスの提供やリスクの管理を行っているのです。
近年も新しいサービスを次々と提供しているのですが、それも投資家のニーズであったり、自社の経験を踏まえたものであったりするのです。
50年以上の歴史があるということは、顧客の信頼があってのことではないでしょうか。